【桜庭彩, 鈴木千里】このシリーズらしいソフトな仲良しレズ路線 – レズの華が咲く頃。 VOL.3

レズの華が咲く頃。 VOL.3

学校でも評判の仲良し女子校生「千里」と「彩」。

世間では只の仲の良い友達同士と思われている2人だが、実は同性の枠を超えて愛し合う恋人関係だった。

もちろん普段は周囲の目を気にして、なかなかイチャイチャできない彼女達…。

そんな同性を愛し悩める10代の美少女達が魅せ綴る、ラブラブ純愛レズビアンストーリー作品。

【※画像・音声に多少の乱れがあります】

「レズの華が咲く頃。 VOL.3」の本編動画はこちらから

女優名: 桜庭彩, 鈴木千里

今時の女子校生風って言えばそれまでだけど…

「レズの華が咲く頃」っていうよりは「ギャル女子校生のレズごっこ」とうタイトルのほうが、ぴったりくる印象だった。

絡みが、全体にへらへらしていたり、キャッキャとはしゃいだり、軽い感じがした。

今時の女子校生っぽいといえばそれまでなんだけど…リアルの女子校生のイメージを追求しすぎて、エロスが少なくなってしまったらAVとして本末転倒です。

もう少し、エロスのある演技をして欲しかった。

今時の女子校生っぽさばかりで、エロスがなさ過ぎた。

脚本がちょっとねぇ・・・

プライベートでも仲のいいお二人。

作品を見ても仲の良さが窺えます。

ですが今作に関して裏目に出てしまったかなと思います。

キャラ設定は女の子が好きな桜庭さん(H経験無)、鈴木さんは女無男有。

何故お二人ともビアンの設定にしなかったのも疑問なのですが。

桜庭さんが告って絡みへの流れで、初めてのHにしては上手過ぎるので初々しさが無いし恥じらいが無い。

この二人でHした事のある絡みになっている。

絶頂反応がかなり弱いのでイったか分からない。

イクとも言わないし、体がビクッと反応するわけでもない。

ルックスは可愛かったし会話も良かったのでお二人の雰囲気を生かせる脚本ならばもうちょっと良い作品になったのではないかと思います。

初々しさが画面いっぱい

熟女系ばかり見ていたせいか、とても新鮮に見れました。

照れながらもしっかりと受け止めている感じが画面を通して伝わってきました。

このシリーズらしいソフトな仲良しレズ路線

このシリーズは第1作で方向性が分かって諦めていたので、それを3作目も踏襲しているなというのが本音である。

エロさはハナから望めないと思って見たら悪くは感じなかったし、2人の仲の良さは今まででは一番自然で良いだろう。

名前の紹介が無いが相手役が鈴木千里で、誕生日の桜庭彩を一緒に手作りのケーキで祝おうという内容でスタートする。

キッチンで千里が仕掛けた後に、リビングのソファーへ移っての初レズはまず千里、そして彩がそれぞれじっくり責める。

エロ度は低いが、仲良し感が出ていてしっかりと指と口で相手を気持ち良くしていく。

シャワーの後、ベットに行ってからは彩が隠していたオモチャを千里が見つけてじっくりと責め、最後にバイブを使用する。

ラストは非常にソフトな貝合せになるが、双方ともそれぞれ軽くイッて終わる。

「忘れていたー」と最後に手際良くケーキを完成させて食べるシーンがおまけで収録されています。

「レズの華が咲く頃。 VOL.3」の本編動画はこちらから